お役立ち情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
Information
お役立ち情報

農業が世界の食生活を支えている。日本の食生活ももちろん農業が支えている。農業があるから、野菜や果物が食べられるんだし、農業なしには生きていかれないのが今の人間の生活だろう。しかも今日の農業の発達、発展があったおかげで、野菜や果物の旬と関係なく、一年中食べられる野菜というものもある。キュウリやトマトといった夏野菜、キャベツやレタス、ちんげんさいやほうれん草といった葉物の野菜も、ビニールハウスによる農業のおかげで、一年中食べることができるのだ。また、旬があって旬で収穫したものも、冷蔵庫で一定の低温で保存して、順次必要数出荷するという方法で一年中スーパーに並ぶこともある。じゃがいもや玉ねぎはそうだろう。これも農業の発展のおかげ。農業は地道な肉体労働。その割に食卓に届くまでにマージンもかかり、ひとつの単価は安い。それゆえ農業のさかんな地域では、辛い農業ではなく安定した収入を得られるサラリーマンの職につき、今農業を営んでいるおじいちゃんおばあちゃんの後継がいないとか、農業をやめるとか、過疎化とか、人手が足りない、農業人口の減少などの問題に悩まされている。広大な畑には機械の導入もあって、人力のみやべこの力でという時代よりは少しは楽になっただろうが、雨の日も、風の日も、雪の日も、休みなく土に触れて働く、とても努力のいる労働だ。農家の嫁にはなりたくないと思っていたくらいだから、私には元々農業センスがないんだろうなと締めておこう。